AGAの治療 | 血管や血液が原因で引き起こされる脳梗塞や心筋梗塞の予防について

AGAの治療

手術をする時の植毛料

頭皮クリニックなどで出来る男性型脱毛症(AGA)の治療の中に、自毛植毛というのがあります。自毛植毛はその名のとおり、自分の髪の毛を頭皮に植毛することです。髪の毛そのものではなく、頭皮を取り除いて薄くなった部分に埋め込む手術です。 自毛植毛の手術費用は埋め込む株の数や採取面積によって左右されます。保険が効かないので手術費用はすべて自己負担になります。男性に多いM字の脱毛を改善するには1000本〜2000本ほど必要になると言われています。植毛料は50万円〜120万円程です。切る自毛植毛(ストリップ法)と切らない自毛植毛(ダイレクト法)があり、最新の切らない自毛植毛のほうが手術費用が3割ほど高くなります。

戦前からあった自毛植毛

人類は古くから薄毛に悩まされてきましたが、最近は科学が進化してきていて、効果的な治療法がどんどん生まれています。植毛という技術を世界で初めて開発したのは日本人です。自毛植毛を開発したのも同じく日本人です。自毛植毛は戦前の1930年代にすでに誕生していました。自毛植毛は新しい技術ではなく、かなり古くからあった薄毛治療法なのです。 しかし、実際にクリニックで実用化されたのは戦後になってからのことです。自毛植毛の研究は戦前からすでに進んでいましたが、戦争の影響で研究結果が発表されることがありませんでした。その後アメリカに渡って改良が進み、今のようにほとんどの頭皮クリニックで手術が行われるようになりました。